メンバー手記:はるぼう塾


手記バナー:はるいぬ

こんばんは、はるぼうです。

最近よく昔はどうやって練習してたのですか?と聞かれるので
自分が大尉の頃にやってた練習方法でも書こうと思います。

今回は爆破の立ち回りについでです。

動画を取れるなら動画を撮って、撮れないなら覚えてる範囲でいいので
自分がKillされた時(ダメージを受けた時も)、した時の場面を見直します(思い出します)。

自分はとにかく死なないようにすることを意識していたので
自分がダメージを受けたり、Killされた時を重点的に見直してました。
Killされた時に見直すことで自分が何が悪かったかが分かります。

自分がKillされた時に
・有利ポジションで打ち合えているか
・SRに対してしっかりと対策できていたか(フェイク等)
・相手に裏を取られていないか
・味方と射線をかぶってないか
これが全てではないですがこのような状態でKillされてしまうのは勿体無いです。

不利なポジションで打ち負けてしまうのは当たり前です。
有利ポジションであったかどうかわからない時は練習chで
知り合いなどと位置を入れ替えたりしてみてみるといいと思います。

SRに対してShift歩きや普通に歩いて出てしまってはただの餌です。
足音をたてたくない場面では仕方ないですが
足音を立ててもいい場面でこのようなKillのされ方は勿体無いです。

相手に裏を取られてKillされてしまうということはどこかに穴があるということです。
味方がしっかりと逆の方向を見れていたかなど確認しましょう。

味方と射線を被ってしまい打てない、または打たれてしまうのは
その時点で不利な打ち合いになってしまっています。

自分がKillされた時に上記の事を確認し、次に活かすことで
打ち合いが有利になっていきます。

自分がKillした時も上記の事と逆の事を考えるといいと思います。
有利ポジションで打てたから勝った。など。

最近打ち勝てなくて困ってるなどそういう方がいらっしゃったら参考になるとうれしいです。