FORIS FG2421レビュー:SyaNha1編


こんにちは。GalacticのSyaNha1です。

今回GalacticはEIZO様に最新のゲーミングモニターである
FG2421」の提供を受けましたので、レビューを書きました今後の参考にしてもらえたら嬉しいです。

☆「FG2421」の外観
まず最初にモニターの外観としまして、私が使っていて特に良かった3つの点についてレビューさせて頂きます。

*調整関連
高さ

↑画像の通り、モニターの高さを6cmまで調節することが出来ます。
FPSプレイヤーでモニターの高さは最もこだわりがある部分だと思いますが、
6cmまでの高さ調節が可能なことによりほぼ全てのプレイヤーは高さに不満を持つことなく、
ゲームに集中してプレイすることが出来ます。
また画面の傾きも下の方を手前に傾けることが出来、モニターを見やすくすることが出来ます。

*ボタン
特に私が使用していて外観部分において最も優れていると思った点は「ボタンが押す式」な事です。
最近のモニターだとスマホのようにセンサー式になっているものがあり、
最初に「あれ、これどうやって電源入れるんだ」って思ったり、「これ反応してるのかな」といった不安に思うことがあると思います。
ボタンを押す式の場合はそれがまずありません。スイッチを押す感触もしっかりとあるので、反応しにくいなどといったことも一切ありません。
科学的にセンサーの方が作るのは難しいのかもしれませんが、使用感はボタン式の方が間違いなく使用しやすいと感じます。

*光
また、内部での設定で、モニターの電源ボタンのライトのon,off機能があります。
モニター以外の光らせたくない部分を消す機能にも非常に優れており、よりコアなユーザー向けの設定になってます。

 

☆「FG2421」の機能
*240hz駆動
最大の特徴は当然「240Hz駆動」であります。120hzの入力信号の間に120hzの黒色の画面を入れて残像を残さないようにする仕組みです。
つまり、240hzのグラフィックボードを積む必要はありません。120hzを出せるのであるなら問題が無いということです。
残像は特にマウスを大きく振り回す時や、FPSでいうスコープを覗いて周りを見るときにわかりやすいと思いますが、この「FG2421」では残像感が全くありません。
また、私の場合、特に「BF」や「CoD」といったシリーズで走る際にFPS酔いをしやすいのですが、このモニターによりFPS酔いがとても軽減されたと感じました。

60hzから120hzの変化が「滑らかさ」なら
120hzから240hzの変化は「残像感の少なさ」になると思います。
120hzのモニターが出て、60hzから今多くの方が乗り換えているように
240hzのモニターに変わる時代の変化が起きているのではないでしょうか。

*「ScreenManager Pro for Gaming」
「FG2421」の設定ツールである「ScreenManager Pro for Gaming」には
多数の設定と、特にFPSを始めたばかりの人にオススメの重要な機能があります。
まず設定は大きく分けて3つに分かれています。「ホットキー設定」と「カラー調整」と「オートカラー」です。

こちらの設定において、最も重要なものは「カラー調整」です。
3

1.「カラー調整」とは、モニター内の明るさや、暗さを調整することが出来るので、自分にとって相手が見やすい最適なモニターを作り出すことができます。
私の設定と共に、こちらの「カラー設定」の設定の1つ1つをユーザー視点で説明します。
あくまで私が使用した感覚で説明しますので、実際の機能と同じ説明ではないかもしれませんが、
そちらの方がよりFPSユーザー視点で見られると思いますので、自分の言葉で説明します。

「色温度」・・・色温度はモニターの画面の色を変えることが出来ます。
設定は5000K,6500K,8000K,9300K,OFFの種類と
右下にある「ゲイン」をいじることにより大きく変えることが出来ます。
3週間ほどの設定変更ではまだまだ試せる範囲は少ないですが、
全てにおいて安定するのはOFFだと感じます。
8000KはOFFより若干赤みを帯び、9300KはOFFより若干青色に近い色になっています。
つまり暗いところでは8000K,9300Kの方が敵の視認はしやすいですが、
明るいところでは明るさが強くなりすぎて目の疲れに繋がると感じました。
また、OFFでも敵の視認は問題なく出来るので、OFFで安定だと思います。

「ブライトネス」・・・ブライトネスはモニターの画面の明るさを変えることが出来ます。
設定は0から100の間で設定出来ます。
モニター全体の明るさ調整をすることが出来るので、FPSでは暗いとこの敵を視認することが重要なのでできる限り明るくしたほうがいいです。
ただし、これも私は明るすぎると目の疲れが出てくるため70ほどにしています。

「コントラスト」・・・コントラストは明るさと暗さの強弱をはっきりつけることが出来ます。設定は0から100の間で設定出来ます。
これは高すぎると壁の終わりがわかりにくくなるので、強くはしすぎません。ただ若干あることにより50よりは色の識別がしやすいことがあるので55にしました。

「ブラックレベル」・・・ブラックレベルは上げると、白色がより強くなり黒色が明るくなり、黒色の区別が付くようになります。
下げると逆で、黒色が強くなり、白色の区別が付くようになります。
だから元々モニターの色を明るめの設定にしているので、さらに明るめにして黒色の区別を付ける敵の認識をよりわかりやすくする
設定にしようと100にしました。

「ガンマ」・・・1.8,2.0,2.2,2.4,2.6,Power,FPS(High),FPS(Medium),FPS(Low),RTS
の10通りがあります。Powerが最も明るいです。この数値は低いほど明るくなっており、FPS用の設定は暗いところをはっきりと見えるように
暗いところの数値だけを変えて暗いところを見やすくする設定になっています。
私は暗いところをはっきりと見ることより全体的にとにかく明るい設定にしたいので、Powerを使っています。

以上のように非常に多くの設定があります。人それぞれ設定は違うので、自分にあった設定を探すことができます。

その際に最もこのツールで便利な機能は「Import」「Export」の機能です。
この機能は直接今の自分の設定をExportでデータを作ることや、Importで他の人の設定を取り入れることが出来ます。
現在はEIZO様の公式サイトにてFnaticのcArn氏の設定がDL出来ます。
また、この機能は友人間でskypeなどのツールを用いてデータを送ることによりImportすることが出来るので、実際に自分が変える必要が無く、他の真似したい方からデータを頂くだけですぐにその設定でモニターを調整することが出来ます。
ここが、この最新のモニターを初心者の方が買う大きな利点になると思います。
また、私たちGalacticの設定集も近々載せる予定ですので、是非利用してみてください。

 

2.「ホットキー設定」とはモニターでよく行う設定変更をホットキーに割り当ててすぐに変えることが出来るようになる機能です。
スクリーンサイズなどはゲームによって変えたりする方が多いと思いますが、それをモニターのボタンで変えずにキーボード操作で簡単に変えることが出来ます。

3.「オートカラー」とはアプリケーションごとに自動でカラーモードの変更をすることが出来る機能です。
例えば、「AVA」と他のゲームで設定が違うといったことが起きてもこれによってすぐに
「AVA」をやる時と、「他のゲーム」をやる時で自動で変更することが出来ます。
私の場合は普段から目を慣らせておきたいのでアプリ登録はせずに、全てのゲームで同じ設定でやっていますが、
違う方には非常に便利になる機能だと感じます。

 

☆「FG2421」のパネル
*VAパネル
FPS用のゲーミングモニターでは初めてのVAパネル採用をしています。
VAパネルの最大の利点は視野角が広くなったことです。
モニターの端まで綺麗に敵が見えることにより、敵への反応、aimのしやすさなどが格段に上がっております。
また、元々のこのモニターの特徴でもある画質の良さと、設定の豊富さはVAパネルを使用することによって格段に上がっております。どこから見ても綺麗な見え方で快適なゲームプレイをすることが出来ます。

☆最後に
以前使っていた120hzのモニターよりもより快適に動き、とても敵の視認をしやすくなりました。
設定の多さや、他プレイヤーの設定を簡単に入れられることなど初心者からコアなユーザーまで嬉しい機能もついており、モニターを買い換えたい方,ゲーミングモニターを使用したい方にオススメのモニターです。

以上になります。長文になりましたがそれだけ伝えたいことがたくさんありました。
見ていただきありがとうございました。

EIZO公式サイト:FORIS FG2421製品情報
468x60

 AVA推奨ゲーミングモニター:FORIS FG2421
banner_fg2421_ava_2013 (1)

SPONSORS